忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 00:15 】 |
Call me 
↓のセバスチャン視点(切ない)


深い深い闇。
深淵へと堕ちていく姿。

その表情は、たいそう不快そうで。
しかし逆に、心地よさそうで。

汚れた世界を呆然と見つめながら
弱々しく手を伸ばしてくる。

それは、残酷なほど無垢な魂。



― Call me -

「また、ですか」

真夜中の時間。
セバスチャンはふと、仕事中のペンを止める。

どうやら主人である坊ちゃんが目を覚ましたらしい。
たとえどんなに離れていても、セバスチャンは気配でそれを察知する。
ただ目を覚ましただけならいいのですが…。

「一体、いつまで見続けるのでしょうね」

セバスチャンは悪夢で目覚めた坊ちゃんを思い、ため息をつく。


坊ちゃんが悪夢でうなされて目を覚ますのは、もはや定期的だ。
深い深い心の傷は、悪夢という形で表しているらしい。
まぁ、そのおかげで坊ちゃんは『憎しみ』という感情を忘れなくて済むのかもしれませんが。
セバスチャンは苦笑する。

坊ちゃんはまだアレに怯えていらっしゃるのですね。

セバスチャンはペンを置き、椅子に座ったまま窓の向こうを仰ぎ見る。
開けっ放しのカーテンの向こうには、白い月が冷ややかに輝いていた。
それは、セバスチャンの部屋を氷のような輝きで照らす。

「人はこれを、美しいと言うのでしょうか」

セバスチャンは無意識に口元に弧を描く。

静かな夜の中、ひっそりと存在する月。
闇と共にありながら、決してその輝きを失うことはない。
その冷ややかな光は淡く地上を照らしていく、孤独な存在。

闇の中で浮かぶ、孤独。

「まるで、坊ちゃんのようですね」

セバスチャンは、悪夢にうなされて起きた主人のことを想う。

檻の中に閉じ込められていた小さな少年。
何の力もない非力な人間であるにも関わらず、凛とした眼差しを持ち続け、背筋を伸ばす。
そして契約で私を縛り、命令する。
自分の道を進んで行くために。
けれど。

「見せているつもりは、ないのでしょう」

セバスチャンは手袋を脱ぎ捨て、契約印をそっと撫でる。


いつだって貴方の背中は泣いているのです。
貴方の後ろに立つだから見えること。分かること。
声に出さず、表情に出さず、貴方はいつも泣いている。
悲痛に叫んでいる。

しかし決して坊ちゃんは、誰にも弱みを吐かない。
泣き言も言わない。

「そんな貴方だから従えるのですよ。マイロード」

けれど。

後ろに立つ私に、少しくらい寄りかかってくださっても結構なのに。
たまには涙を流して、目を閉じて。
私が貴方を全てから守るから。

今だって、呼んでくだされば…。


「名前を呼んで。坊ちゃん」


そしたらすぐに、貴方のそばへ行くから。


END
 

拍手

PR
【2011/03/23 20:11 】 | Text | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<treasure  | ホーム | Solitary>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>