忍者ブログ
  • 2017.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/03/28 09:31 】 |
S×Sパニック
【嫉妬】
Spicyセバス×Sweetシエル




女王の番犬としての仕事を終え、ようやく一息。
いつもの執務室の椅子に、シエルは深く腰を下ろした。
その傍らで、脱いだコートを片付けながらセバスチャンはニッコリと微笑む。

「お疲れ様でした」
「あぁ」
「この後、紅茶を持ってまいりますね」

労わるような言葉を掛け、こちらを見つめてくる。
その声と表情に、シエルは1つの意識に気が付いた。
全く・・・本当にコイツはどうしようもないな。
内心苦笑しつつも、どこか甘い相手の意識に少しだけ喜んでしまう。
深めに座っていた身体を少しだけ浮かせセバスチャンとの距離を縮めれば、赤い瞳の奥が少しだけ輝いた気がした。

「セバスチャン」

シエルはその意識・・・嫉妬を宥めようと声を掛けたのだが。

「楽しかったですか?劉様とお話が出来て」
「え・・・」

ギシリと椅子が少しだけ後ろに傾いた感覚。
横を向けばいつも己を守るたくましい腕。
目の前には。

「随分と親しくなされていたではありませんか」

怒りを隠そうともしない恋人の姿。
セバスチャンは片手にコートを持ったまま机の向こう側へ身を乗り出し、もう片方の手でシエルの椅子に手を置いているのだ。
執事としては考えられない行為。


セバスチャンの嫉妬の原因・・・それは劉と話していたこと。
先ほどまで、女王の番犬として劉から話しを聞いていたのだ。
勿論タダで情報を流してくれる筈も無く、一緒にお茶を飲むという条件を出されて数時間も拘束されていた。


しかしその場にセバスチャンもいたので、自分が仕方なく劉と接触していたことは分かっている筈だ。
まさかここまで深く嫉妬していたとは予想外で、シエルは数回瞬きをしながら首を振る。

「べ、別に親しくしていない!お前も見ていただろう!」
「そうですか?私は悪魔ですので、人間の本心は分からないですよ」

サラリと言葉を返すセバスチャン。
どの口がほざいているのだと文句もいいたくなるが、今のセバスチャンにそんなことが言えるような雰囲気ではなかった。

「劉とは仕方なくだ!別にお前が心配していることなど何もない」
「そうでしょうかね」
「そこまで疑うか・・・」

恋人同士なのに・・・と呟けば、今度はセバスチャンの方が数回瞬きをする。
その顔は、どこか呆気に取られたような表情だ。
そんなにも僕は変なことを言ったのか?
いや、言ってはいないだろう。真実を述べただけだ。

「・・・一体なにを企んでいるのですか?」
「は?」
「そんなことを貴方が言うだなんて、槍の雨でも降りますかねぇ」
「は?!」

聞き捨てならない台詞にシエルは眉を寄せてセバスチャンを睨みつけるが。

「ッ・・・!!」

額に柔らかな感触が落ち、一気に頬が熱くなる。
どうやら額に口付けられたらしい。
シエルは額に両手を当てセバスチャンの顔を見れば、嫉妬の怒りはどこかに消え、逆に困惑しつつも嬉しそうな顔が瞳に映った。

「可愛い台詞が聞けたので、今日はこれで勘弁してあげましょう」
「なッ」
「また今度嫉妬させたらお仕置きですよ?」

もう一度瞳を赤く燃やしながら言うセバスチャンにシエルは何度も頷く。
すると満足したようにシエルから離れ、執事として正しい姿勢に戻った。

「この後はファントム社の方の仕事へ取り掛かってください」
「あ、あぁ・・・」
「それでは、失礼します」

綺麗にお辞儀をし、コートを持って出て行くセバスチャン。
何かが腑に落ちない気がするのだが、結局なにも声を掛けることが出来ず、セバスチャンに言われた通りファントム社の仕事に取り掛かるシエルであった。



end


 

拍手

PR
【2011/03/26 06:35 】 | Project | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<S×Sパニック | ホーム | S×Sパニック>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>