忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/25 05:51 】 |
S×Sパニック
【触れ合い】
Spicyセバス×Sweetシエル




あんなにも寒かった朝が嘘のように日向が暖かい、とある日の午後。
シエルはいつものように仕事をし、その休息がてらにセバスチャンの入れた紅茶を飲んでいた。

「本日はアールグレイでございます」
「悪くない」
「それはようございました」

ニッコリと微笑みながら答えるセバスチャンに、シエルもどこか胸の奥が温かくなる感じがした。
今は自分の大切な恋人とのひととき。
実をいうと、二人で過ごす時間がいつも取れるかというとそうではない。
ファントム社としての仕事。女王の番犬としての仕事。そして歳相応の教育など、シエルの予定はぎっしりなのだ。
なので、たとえ馬車での移動時間や今のような休息時間は貴重といってもいいほどのものなのだ。

「冬の季節は日に当たっていると温かくて気持ち良いですね」
「そうだな」
「ついつい、うたた寝などしませんように気をつけてくださいよ?」
「うたた寝などするかッ」

シエルは持っていたカップをソーサーにカチャリと音を立てて戻し、セバスチャンを睨みつける。
この恋人は自分で遊ぶという悪い癖を持っているのだ。
しかしあながち間違えではないところを突いてくるものだから、どうしてもこちらもムキになってしまうのだが。

「うたた寝などしていたら、悪魔が悪戯をしに来てしまいますよ?」
「・・・え?」
「おや、そんな目を見開いて可愛らしいですね」

コツリと足音を立てて近づいてきたセバスチャンは、カップを置いたシエルの手を掴み、チュッと口付ける。
それに驚いたシエルは咄嗟に手を引こうとしたが、ガッチリと掴まれているせいで逃げることが出来ない。

「そんな可愛らしい顔をなさっていたら、眠っていなくても悪戯してしまいますよ?」
「ちょっ!まて、セバスチャン?!」
「そんなに顔を赤くなさって・・・今日は随分と表情が素直ですね」
「よ、夜まで待てないのかお前はッ!!」

急に攻めてきたセバスチャンについていけないシエルは、顔を赤くして叫んだ。
まるで夜ならいいという言葉だが、今このまま攻められるよりもマシだろう。
このままじゃ本当に状況についていけない。
シエルは変にグルグルと混乱し、掴まれていない方の手でセバスチャンを押しやる。
するとセバスチャンも同じことを思ったのだろう。
ニヤリと笑い、耳元で夜ならいいのですか?と囁いてくる。

「そういう、わけじゃないがッ」
「おや駄目ですよ坊ちゃん。一度言ったことは守らなくては」
「・・・今日のお前は意地悪だな」
「いつも、の間違えではないんですか?」

赤い瞳を煌かせてセバスチャンは笑う。

「まぁ、何だか今日は素直なので見逃してあげますよ。仕事も沢山ありますしね」
「え・・・その・・・よ、夜・・・は?」
「そんな期待されている顔を見たら合意のサインということで、本当に喰らいますからね」
「ッ!!!」
「本日の予定として追加しておきますので、ご安心を」
「セ、セバスチャン!」
「スイーツは後ほどお持ちいたしますので・・・。夜までにお仕事を終わらせるようにしておいてくださいね」

それでは、失礼致します。
完璧なお辞儀をしながら、セバスチャンは満足げに執務室から出て行った。
しかしそんなのとは裏腹に。

「え?・・・・は?」

後姿を見送ったシエルは、急な求めや言葉にかき回され、混乱が解けることもなく。
まるで執務室に取り残されたように、まばたきを繰り返すばかりだった。



end
 

拍手

PR
【2011/03/26 06:31 】 | Project | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<S×Sパニック | ホーム | S×Sパニック>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>