忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/24 09:36 】 |
12.囁く
五萬打御礼企画




太陽の光が柔らかく執務室を照らし、心地よい温度へと調節する。
穏やかな風が吹き込みその屋敷の主の前髪を揺らすが、その主は気が付かない。
外では小鳥のさえずりが。執務室では主の寝息が静かに響いていた。

その空間に一人の執事。
寝ている主の頭を優しく撫で、太陽の光と同じく柔らかい笑みを浮かべている。
はたから見たら、それはなんとも異様な絵に見えるだろう。
なぜならここは悪の貴族ファントムハイヴの屋敷なのだから。
しかしこの空間はそれすらも忘れ、名前も肩書きも何もない、その存在そのものを包み込む温かさが広がっている。
異様なことなど何も無い。これこそが本当の姿なのだと、何かが物語った。

「ん・・・」

ソファで横になる主は幼い顔をしながら寝返りをうち、また深く深く眠りの淵へと身を沈めていく。
その主の眠りを守っているのは、膝を枕として貸し出している執事。

「坊ちゃん・・・」

愛しさが溢れた声で、そっと囁く。
そこには起こさないよう気を使われた大きさだったが、きっと起きて欲しいという願いもあるに違いない。
執事の瞳には、まっすぐ主に注がれているから。
早く私を見てください、と。

「愛していますよ、坊ちゃん」

そんな瞳をしたまま、執事は再び主の頭を優しく撫でる。
愛の囁きは主の耳には届かない。目を覚ますことも無い。
けれど執事は満足そうな表情で微笑んだ。

「ゆっくりと、おやすみください」


それは優しい
午後の時間。



end
 

拍手

PR
【2011/05/12 23:40 】 | Project | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<13.慰める | ホーム | 11.逃げる>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>