忍者ブログ
  • 2017.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/03/28 09:26 】 |
Sweetの下ごしらえ
Sweetシリーズ



人間という生き物は面倒だ。
感情に振り回され、正しい判断を誤ったりする。
たいそう愚かで浅ましい。
けれど。
私もソレになってしまったと言ったら、貴方は哂いますか?


― Sweetの下ごしらえ -


「最近、お前は妙だな」

ファントム・ハイヴ家当主、シエル・ファントムハイヴは紅茶を飲みながら、悪魔であり、執事でもあるセバスチャン・ミカエリスに声を掛ける。

「妙、ですか?」
「あぁ。何をしていても、頭の隅に何かがある感じだ」

セバスチャンは、シエルの言葉に少し息を詰める。
それをシエルは見逃さなかった。

「なんだ。自分でも分かっていたのか」

シエルはニヤリと笑う。

「…顔に出してしまうなど、執事のあるまじき行為。申し訳ございません」
「別にいい。誰にでも悩みの1つは持っているものだからな」

シエルは紅茶のカップを皿の上に乗せる。
掛けられた言葉は優しいものに感じられるが、セバスチャンを見る顔は酷く楽しそうだ。
机に肘をつき、頬杖をつく。

「だが、お前でも悩むことがあるなんてな」

こちらを見る瞳は、話せと言っている。けれど、コレを話すわけにはいかない。
セバスチャンはシエルの瞳をあえて無視する。

「そりゃぁ、ありますよ。我侭な主人に付き従うのも楽ではありません」
「お前、殺すぞ」
「やれるものなら」

ジトリと睨んでくるシエルに、ニッコリと微笑む。もちろんワザとだ。

「はぁ。お前が悩みを言うつもりがないならもういい」
「おや、心配してくれたのですか?」
「なっ!」

先ほどと打って変わって、慌てた様子を見せる。
全く、この人は。隙がないようで隙だらけですね。いつもいつも。

「ただ業務に差し障るようなことがあったら、後々面倒だと思っただけだっ!」

噛み付くように言い放つシエル。
セバスチャンはその姿に苦笑する。

「その点につきましては問題ありません。ファントムハイヴの執事たるもの、己の感情をコントロールできなくてどうします?」
「…出来ていないから顔に出ていたんだろうが」
「・・・」

キメ台詞まで転んでしまうという失態。
あぁ、本当に愚かな自分に成り下がってしまったものですよ。
自己嫌悪に陥るセバスチャン。
けれど。

「セバスチャン」

凛とした声が名を呼ぶ。
その声が陥る自分を引きずり上げる。

「命令だ。何かあるのなら今度から話せ。もし話せないものならば、僕に気づかせるな」

強い命令。強い瞳。美しいほどの魂。

「イエス、マイロード」

あぁ。本当に貴方には敵わない。

「じゃぁ、僕は仕事の続きをする」

この話は終わりだ、とシエルは書類の束に手を伸ばす。

「あぁ、後でアップルパイが食べたい。焼いて持ってこい」
「了解しました」

一礼して、部屋から出て行く。

「はぁ」

セバスチャンは執事、否、悪魔らしからぬため息をつく。
参りましたね。
まさか、坊ちゃんにバレてしまうとは。
しかし、考えていることをバレたわけではなかったので良しとしましょう。

『お前でも悩むことがあるなんてな』

言われた言葉が頭をよぎる。
まあ、悩みと言えば悩みですが。

「病…ですかねぇ」

人間の言う『一種の病』
『恋の病』というやつだ。

そう。
私は、坊ちゃんに恋をしてしまったのだ。

伝えることは決してないと思っていた。
ましてや、坊ちゃんにこの気持ちを知られることなど。
ですが、正直辛くなってきましたね。
貴方がこんなに近くにいるのに、遠く感じてしまうことが。
手を伸ばせば触れられるのに、触れられないことが。

出来ることならば。
この想いを受け止めて欲しいと思い始めている。

「厄介ですね…」


セバスチャンは再度大きなため息を付きながら、アップルパイを焼くために厨房へと歩いていった。




END

 

拍手

PR
【2011/03/24 17:33 】 | Series | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<Sweetは突然に | ホーム | あぁなんて愛しい人なんだろう!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>