忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/24 09:36 】 |
Sweetは突然に
Sweetシリーズ



悪魔は人間の考えることなど分からないと言う。
面倒な生き物だと嘲笑う。
けれど、それは決して悪魔だけではない。
僕自身だって、人間の考えることはよく分からないものだ。
ましてや、『心』のことなど。


― Sweetは突然に -


「坊ちゃん、本日のアフタヌーンティーをお持ちしました」

有能と評されている執事、セバスチャン・ミカエリスは一礼をしながら部屋へと入ってくる。
もうそんな時間かとファントム・ハイヴ家当主、シエル・ファントムハイヴはちらりとそちらに目を向けるが、すぐに手元の書類に戻す。シエルは基本的甘いものが好きなので、すぐにでもスイーツに手を伸ばしたいところ。けれど仕事を中途半端にしておくのも気分が悪い。

「この仕事がひと段落したら食べるから、机に置いておけ」

そう指示するとセバスチャンは「御意」と、シエルの机へとスイーツを持ってくる。
どうやら今日はガトーショコラらしい。
しばらく端で紅茶などの準備もしていたが、全て整うと、また扉の方へと戻っていった。
シエルはてっきりそのまま出て行くと思っていたのだが。
いつまで経っても扉が閉じる音が聞こえて来ない。
ふと書類から目を外し、顔を上げてみるとセバスチャンはまだ扉の前に立っていた。

「・・・」

黙ったまま、こちらをじっと眺めている。
ほぉっておけばいいのかもしれないが、こうも見られ続けていては仕事に集中できない。
シエルは大きくため息をつき、扉の前に立つ執事に問う。

「何だ」
「以前にも申し上げましたが、坊ちゃんは嘘や秘密が多くおありですよね」

は?なんだいきなり。
シエルは怪訝な顔をしながらセバスチャンを見るが、特に変わった表情は伺えない。

「それがどうかしたか」
「もしも」

セバスチャンは一旦言葉を区切り、胸を手に当て少し頭を下げる。

「もしも他に私に話していないことがあるならば、話して頂きたいと思いまして」

なんだ、そんなことか。
シエルは手に持っていた書類を一旦置く。

「以前のようなことがあったら、己の美学に反するからか?」
「それもありますが…」

ニッコリと微笑むセバスチャン。何を考えているのか全く読めない。
シエルはため息をつく。

「もう特に昔にった病気や持病などはない。お前の美学に反することはないから安心しろ悪魔」
「そうですか。それはようございました。けれど」

瞳の色が少し変化する。
悪魔本来の『赤色』に。

「他に秘密を持っていらっしゃるでしょう?坊ちゃん」
「何のことだ」
「またお得意の嘘ですか?感心しませんね」

セバスチャンはコツリと足音を立てながらこちらに近づいてくる。

「あぁ。もしかして気づいておられないのですか?人間の言う『一種の病』に」
「一種の病…」

シエルはその単語に目を見開く。
もしや。

「セバスチャン」
「本当は気づいているのでしょう?」
「セバスチャン!」
「それとも、認めるのが怖いのですか?」
「っ!!!」

シエルは目の前にいる悪魔を睨みつける。
この悪魔は僕の心に宿っているものに気がついている。
『一種の病』それは『恋の病』のことを指しているのだろう。
僕の中で芽生えた小さな想い。
僕はそれに気が付いていながら、無視し続けていた。
けれどこの悪魔は、それを指摘する。
この様子だとシラを切るのは難しそうだ。

「なぜその話しを僕に持ちかける」

冷静さを失わないように心掛けるが、声音に怒気が含まれてしまっている。

「主人の心のケアも、執事の仕事か?」
馬鹿馬鹿しいな。
僕は鼻で哂う。

「そうですね。主人の心をお守りするのも私の役目だからなのかもしれません」
しかし。
「これは、それとは別です」
「別?」

「坊ちゃんは、その心に抱えた『病』を一生閉じ込めておく気でしょう」
「それは僕の勝手だ」
「それでは私に問題があるのですよ」
「はっ。なぜお前に問題が生じるんだ」
「それは、私も同じ病を抱えているからと言ったら?」

シエルは目を見開く。

「…それは大変だな」
「それだけ、ですか?」

セバスチャンはわざとらしくため息をつく。

「言っておくが、僕はその『一種の病』を患っているだなんて一言も言っていない」
「悪あがきですね」
「どうとでも。勝手に勘違いをしているのはお前だからな」

シエルは動揺を隠すため、顔の前まで書類を持ち上げる。まるで仕事に戻ったかのように。
けれどきっと、この執事には全てバレているのだろう。

「まぁ、今はいいでしょう」
でも。

セバスチャンは書類を奪い取り、シエルの目の前まで迫り。

「必ず手に入れますよ」
魂以外も、ね。

いつの間にか手袋を外した手で優しく、けれどどこかネットリと絡みつくように頬を撫でる。

「~~~!!」

シエルは頬が熱くなったのを感じたが、それを留めることなど不可能。
それを見たセバスチャンはニッコリと微笑む。

「お仕事の邪魔をしてしまってすみませんでした。マイロード」
それでは、失礼いたします。

ムカつくくらい礼儀正しくお辞儀をし、扉の方へと戻り今度こそ部屋を出て行く。

「っ…はぁぁ」

それを見送ったシエルは、机につっぷする。
思うことは沢山ある。
なぜこの想いがバレてしまったのだろうか。
一体この想いをいつから知っていたのだろうか。
そして。
奴の想いは本物なのだろうか。

『嘘は言いませんよ。人間のようにね』

いつか聞いた言葉が脳裏をかすめる。
本来この言葉は喜ぶべき結果へと導かれる筈なのだが。

「厄介だな…」

頭痛の要因にしかならなかった。




END
 

拍手

PR
【2011/03/24 17:34 】 | Series | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<Sweetは悶々と | ホーム | Sweetの下ごしらえ >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>